第3回 みんなで学ぼう講演会
知っておこう、世界の動き
コロナ収束と子どもの未来のために

2022年4月17日(日)に開催された
講演会のオンライン有料配信です。

講演会にご参加頂いた方は無料でご覧いただけます

4月17日に開催された上記講演会にご参加頂いた方は、講演会の動画配信を無料でご覧いただけます。ページ下の「配信お申込み」ボタンより必要事項をご記入の上、お申込みください。

 コロナパンデミックの発生から2年が過ぎ、世界では様々な感染対策の規制が撤廃されいます。しかし、日本では欧米より圧倒的に少ない感染者数にもかかわらず、指定感染症の2類以上のままの扱いで、過剰ともいえる感染対策が続いています。感染対策として最も重要と位置づけられているワクチン接種についても、変異株への有効性が未確認のまま3回目の接種が進められ、5歳からのワクチン接種も始まりました。

 しかし、ワクチンの副作用による被害がこれまでにない規模で広がっています。厚生省の資料によると新型コロナワクチン接種による死亡として報告された事例は1,571件、重篤者20,248件に上っています(3月18日厚生科学審議会資料より)。実際にはこれ以上の被害が出ている可能性が高く、それに気づいた現場の医師たちが立ち上がり、全国各地で有志医師の会が発足し、警鐘を鳴らしています。医師だけでなく各界で有志の会が発足しています。

 その中でも中心的な活動をしている全国有志議員の会代表で日野市議会議員の池田としえ先生、名古屋有志医師の会代表の浅井富成先生を講師に迎えつくば市で講演会を開催いたします。さらに、ワクチンによって亡くなられた被害者ご遺族のインタビューをまとめた映画の上映も合わせて行います。大手メディアではほとんど報道されていませんが、厳然たる事実があります。

 長時間にわたる講演会になりますが、どうか時間の許す限り、ご参加いただき事実を知ることから始めていただきたいと思います。

※当日どうしても会場に来られない方のために、講演会の部分は録画し、後日配信することになりました。こちらのページの下部よりお申込みください。

講演 第1部
15:00~16:00

現場からの報告
~コロナとワクチン本当のこと~


講師
浅井富成 医師
名古屋有志医師の会 代表
浅井医院(名古屋市守山地区)院長
名古屋市医師会広報担当理事、愛知県医科大学同窓会理事長など歴任
2020年12月1日に“かかりつけ医”(町のお医者さん)として全国でいち早く「コロナ対応発熱ドーム」を建て外来受け入れ態勢を整え1500人以上を診てこられました。プロレス“AEDマン”としても多くのマスコミに取り上げられ人気キャラクターにも。
名古屋有志医師の会Facebookはこちら 

講演 第2部
16:15~17:30

人類史上最大の試練‼
気付け‼人間よ‼行動せよ‼未来に向けて‼


講師
池田としえ 日野市議会議員
全国有志議員の会 代表
全国子宮頸がんワクチン(HPVV)被害者連絡会事務局長
新型コロナを考える会事務局長
2022年2月20日 日野市議6期目当選
池田としえ先生は長年、子宮頸がんワクチンの被害者救済に取り組んでこられました。新型コロナワクチンについてもいち早くそのリスクに気づき、警鐘を鳴らしてこられました。そのことにより2021年3月に自民党を除名されてしまい、2022年2月に行われた日野市議会議員選挙では、刺客を送られ厳しい選挙戦となりました。逆風の中、池田先生の真実を追求する姿勢に賛同して全国からも応援に駆け付ける方も出てきて、前回よりも得票数を上回り、自民党公認候補を上回る支持を得て6選を果たされました。
現在は全国有志議員の会の代表も務め、ワクチン被害者を減らすための活動の中心的存在です。
池田としえ議員のホームページ
https://ikeda-toshie.com/

以下から申し込み受付中です

お一人様 1,000円
お支払い方法は、申し込み時にお送りする自動返信メールに記載されています。

~「みんなで学ぼう会」について~

こちらの講演会のような催しを今後継続的に開催する予定です。一緒に学んで、情報発信にご協力いただける方を募集しております。詳しくはご案内ページをご覧ください

ご質問・お問い合わせはこちらまで
「みんなで学ぼう会」 事務局
manabou298@gmail.com